信託契約を私文書で締結する際の注意点

信託契約を私文書で締結する際の注意点

最終更新日 公開日

▲クリックすると動画が読み込まれます。

今回は、「信託契約を私文書で締結する際の注意点」をテーマにお送りします。

信託契約はのちの紛争に備えて公正証書で締結することが一般的ですが、どうしても公証役場で手続きができないなどの事情があり、私文書で作成せざるを得ないときには、どのようなことに注意すれば良いのかをお伝えいたします。

金融機関がかかわる場合は公正証書で作成する必要がある

まず大前提として、信託契約書は公正証書・私文書のどちらでも作成が可能です。

しかし、実務上、必ず公正証書で作成しなければならない場合があります。

それは金融機関が関わる場合です。

公正証書で作成しなければならない例

例えば、金銭を預ける信託口口座を開設する際には、多くの金融機関が公正証書で作成した信託契約書の提出を求めてきます。

また、信託内融資を受ける場合も、現状では、金融機関より必ず公正証書での締結を要請されている状況です。

そのため、受託者が融資を受けてアパートを建てる予定があるような場合は、必ず公正証書で作成する必要があります。

もう一つ、上場株式を信託する場合も、証券会社で受託者の家族信託用の口座を開設しなければなりません。

この口座開設のためには、証券会社への公正証書で作成した信託契約書の提出が求められます。

私文書で作成するときの注意点

では、信託契約書を私文書で作成するときには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

大きくまとめると、紛争がのちに起こる可能性があるか否かです。

具体的なポイントは次の3点です。

(1)家族の関係性

家族の関係性が良くなかったり、この人には相続させたくないという事情がある場合は、なるべく私文書で締結することは避けたほうが良いでしょう。

(2)信託する財産

例えば自社株式を信託する場合であれば、基本的に担保に入れたりすることがないので金融機関が関わることがなく、また社長である委託者の判断能力もしっかりしているケースが多いため、私文書で作成しても問題になることは少ないかと思います。

また、自宅を信託する場合も、今後自宅を担保に入れて融資を受ける予定がなかったり、ローンが完済されているのであれば、私文書でも特に問題になることは考えられません。

なお、介護費用のために自宅を売却するような場合には不動産会社と司法書士が関わってきますが、私文書で問題ありません。

なぜなら、彼らは登記簿を確認して信託の有無や有効性を判断し、信託契約書の作成様式には踏み込まないからです。

(3)委託者の判断能力

委託者の判断能力がちょっとあやしいなというような場合は、公正証書で作成し、公証人の判断を仰いだほうが良いでしょう。

また、委託者の意思能力が怪しい場合には、契約書に署名捺印する場面を動画撮影しておいて、後で契約時の委託者の判断能力が争点となった場合に、その動画を見せて判断能力があったことを主張できるようにしておく方法も有効です。

少しでも紛争を防ぐための方法

最後に、私文書で信託契約書を作成するときに、少しでも紛争を防ぐための方法をご紹介します。

信託契約の無効を主張されるときの争点としては次の3点が考えられます。

(1)日付
その日付の時点で信託契約は成立していなかったと主張される可能性があります。

(2)署名・捺印
信託契約書に実印が押されていたとしても、その実印は違う人が勝手に押したと主張される場合もあります。

(3)内容
契約書の内容が改ざんされただとか、そもそも内容が間違っていると主張されることが考えられます。

これらを防ぐためにはどのような制度が設けられているでしょうか。

①確定日付の付与

私文書で作成した契約書には、少なくとも確定日付を付与してもらうことをお勧めします。
これは公証役場や法務局でその文書がその日に存在したことを証明してもらう制度です。
契約当事者ではなく代理人にて手続きをすることが可能です。公証役場に支払う手数料も700円と高くありません。

②私署証書の認証

公証役場で文書の署名・押印が確かに本人によるものであるということを証明してもらう制度です。
手数料は、だいたい5000円から1万1000円の範囲内です。

③宣誓認証

私文書の作成者が公証人の面前で当該私文書の内容が真実であるということを宣誓し、認証してもらう制度です。
①②と異なり、宣誓認証では、公証役場に文書を1通保管してもらえるので、内容を改ざんされる恐れはありません。
宣誓認証であれば上記3点の争点はクリアできます。

なお、文書の記載が虚偽であることを知って宣誓した場合には、本人に対し過料が課される可能性がありますのでご注意ください。

まとめ

信託契約は金融機関がかかわる場合を除いて私文書でも締結することができることをお話ししました。

その際、

①確定日付の付与
②私署証書の認証
③宣誓認証

以上の3つの制度をぜひ利用して、少しでも紛争を防ぐように心がけましょう。

カテゴリー:家族信託

タグ:信託契約注意点

完全版 大切な家族の未来を守る家族信託とは?家族信託の仕組みから専門家のアドバイスまで!家族信託を検討中の方向け。詳しくはこちら 完全版 大切な家族の未来を守る家族信託とは?家族信託の仕組みから専門家のアドバイスまで!家族信託を検討中の方向け。詳しくはこちら

ご相談は無料!
お気軽にお問い合わせください

よくあるご質問をまとめた「FAQ」もぜひご活用ください!

家族信託の専門家
メール

メールからの
お問い合わせ

お問い合わせ
友達追加

LINEからの
お問い合わせ

LINE スマート家族信託
公式LINE
電話

お電話での
お問い合わせ

call 0120-916-102

無料でご相談できます!

お気軽にご相談ください!

受付時間 10:00-19:00/土日祝も対応