障がいのあるお子様がいるご家庭の家族信託

障がいのあるお子様がいるご家庭の家族信託

最終更新日 公開日

▲クリックすると動画が読み込まれます。

こんにちは!

トリニティグループ、司法書士の浅沼礼奈(あさぬまれいな)です。

本日のテーマは、

【障がいのあるお子様がいるご家庭の信託】 です。

実際にご相談を受けたご家庭の事例をもとにお話していきます。

事例の基本情報

 まず、家族構成をご説明します。85歳になるAさんがいます。

Aさんの奥様は既に他界されていますが、お子様が3名いらっしゃいます(Bさん、Cさん、Dさん、とします)。

長女であるBさんは知的障がいがあり、Aさんの一番の心配ごとは自分に何かあったときに、

Bさんはきちんと食べていけるだろうか、財産を確保することができるだろうかということでした。

幸いなことに、兄弟仲はよく、Bさんのご兄弟Cさん・Dさんは、

父Aさんが亡くなった後は自分たちがBさんの面倒はみていくと日頃から話し合われていたようです。

Aさんは、自身の資産として、都内一等地に賃貸不動産を保有していました。

また、まとまった金額の金銭も有していました。

今回 Aさんが相談された理由の一つはご自身の認知症対策 です。

体力の衰えや物忘れをすることにご自身でも不安になり、賃貸不動産を今後も自分で管理していけるのか心配になったそうです。

もう一つの心配事はやはり長女様のことで、自分が亡くなったあとに娘がどうなるのか、収入を得てやっていけるのかということでした。

そんな状況の中で、家族信託という制度を知り、ご相談にいらっしゃいました。

提案した家族信託の内容

 ここからは、私たちが提案した家族信託の内容をご説明していきます。

信託財産・受託者をどうするか

まず、今回 信託の対象としたのは、Aさんの賃貸不動産 です。

Aさんは自分の能力が衰えた後も継続して賃貸不動産の管理、および(その必要が生じた際の)処分ができるよう Cさんを受託者 にしました。

CさんはAさんのために賃貸不動産の管理をし、また毎月あがってくる賃料を信託用口座で管理しAさんの生活、介護、療養のために使っていくという信託契約を結びました。

ここで我々は、万が一、Aさんより先にCさんに何かあった場合を考えました。

これは家族信託の契約でとても大切なポイントです。もし受託者の方が委託者より先に亡くなってしまう、判断能力が低下してしまう、

お身体に何かあって受託者を続けられなくなるといった事態に陥ってしまった場合に備えて、第二受託者と呼ばれる予備の受託者を決めておきます。

今回は、長男Cさんの子供のEさんが第二受託者 を引き受けてくれることになりました。

委託者がお亡くなりになった後どうするか

また、今回の信託でポイントとなるのが、「Aさんは、ご自身が亡くなったとき、この賃貸不動産を誰に継いでもらいたか?」という点です。

Aさんは、この賃貸不動産は先祖代々受け継いできたものなのでこれからも守って欲しいということと、

障がいがあるBさんの生活の糧としてほしいということから、

受託者であるCさんと障がいを持つBさんに2分の1ずつ賃貸収入を受け取って欲しいというのがご希望でした。

ただ、賃貸不動産の持分を2分の1ずつBさんCさんが受け取ったとしてもBさんご自身が管理していけるか、

もし売却となったときにBさんが売買契約を結べるのかが気がかりでした。

そこで今回は、Aさんが亡くなっても信託契約は終わらせず、AさんとBさんが二人とも亡くなるまで信託契約は続けていく という構成にしました。

AさんとBさんが亡くなった後に信託を終了させて残余財産を帰属させる、といった形にしています。

Aさんが亡くなったとき、受益権をまずBさんとCさんに2分の1ずつ承継させます。

そのあとBさんまたはCさんが亡くなったとき受益権はEさんに承継され、この賃貸物件は最終的にEさんが所有するものとなって家族信託を終了させます。

このようにしていけば、Aさんが亡くなった後、賃貸不動産の管理は受託者として全てCさん管理できるようになります。

そして賃貸不動産から毎月あがってくる賃料収入はBさんとCさんが半分ずつ分けていくことができます。

もしBさんより先にCさんが亡くなった場合でもEさんに受託者を引き継ぐことができるようになります。これでBさんは安定した収入を得られます。

信託以外のご提案

もう一つ私たちが提案したのが任意後見制度です。Bさんの身上監護の部分をDさんとの間の任意後見契約を結んで、Dさんがサポート出来るようにご提案をいたしました。

こうして、ご兄弟2人が揃ってBさんのサポートを出来るように信託契約、任意後見契約を組むことで、Aさんにご安心いただくことができました。

このようにお客様のご状況にあわせて、総合的にご提案していくことが大事です。

カテゴリー:家族信託

タグ:家族

完全版 大切な家族の未来を守る家族信託とは?家族信託の仕組みから専門家のアドバイスまで!家族信託を検討中の方向け。詳しくはこちら 完全版 大切な家族の未来を守る家族信託とは?家族信託の仕組みから専門家のアドバイスまで!家族信託を検討中の方向け。詳しくはこちら

ご相談は無料!
お気軽にお問い合わせください

よくあるご質問をまとめた「FAQ」もぜひご活用ください!

家族信託の専門家
メール

メールからの
お問い合わせ

お問い合わせ
友達追加

LINEからの
お問い合わせ

LINE スマート家族信託
公式LINE
電話

お電話での
お問い合わせ

call 0120-916-102

無料でご相談できます!

お気軽にご相談ください!

受付時間 10:00-19:00/土日祝も対応