家族信託・遺言と一緒に作るエンディングノートのすすめ

家族信託・遺言と一緒に作るエンディングノートのすすめ

最終更新日 公開日

みなさんは「エンディングノート」をご存知でしょうか?

エンディングノートとは、生活の中でのさまざまな「もしも」の時に備え、自分の大切な情報をご家族などがわかるように記録しておくノートです。

例えば、病気になった時のかかりつけ医の連絡先や入院した時のペットのお世話の方法、自分が亡くなった後連絡してほしい人やどんな葬儀をあげてほしいか等、ご自身が亡くなった後のことだけでなく、生前の様々な希望を記入していきます。

引き落とし口座やクレジットカードの情報、保険会社の連絡先などを書き込めば、自分のための備忘録にもなります。

形式が決まっているものではないので、真っ白なノートに好きなように書いていく形でも問題ありませんが、今では数多くの種類のエンディングノートが各メーカーから販売されているので、気に入ったものを購入し、その項目に従って書き残していくこともおすすめです。

「終活」という言葉が一般的なものになるにつれ、エンディングノートも広く知られるようになっていますが、ある調査によるとエンディングノートを「書いたほうがいい」と認識している人に対し、「エンディングノートを持っている、実際に書いている」という方は3割にも満たないというデータも出ています。

なぜ、エンディングノートを書く人が少ないのか?

エンディングノートの必要性を意識しながらも、実際に書いている人の理由が少ない理由としては、①今すぐに書かなくてもよい。ということと、②自分の考えが人に伝えられるほどまとまっていない。ということの大きく2つに分けられます。

これは、遺言や家族信託が必要だと思うけれども、一歩踏み出すのにためらってしまう人々の意識と非常によく似ています。

本当に、今すぐに書く必要はない?

私たちは、日ごろから遺言や家族信託のご相談を数多くいただいていますが、委託者・遺言者の年齢が80歳を超える場合が割合としては大きく、「両親にいつ何があるかわからないから。」とお子様が主導で親御さんの財産の管理方法や相続開始後の分け方を決めてしまうことも少なくありません。

お子さんが自分のためにいろいろしてくれるから、という感謝の気持ちからか、「子供たちがそれでいいと思うなら全部お任せ。」と仰る親御さんも多いです。

でも時々、そのようなご家族のお話を伺いながら、それでいいのですか?と秘かに感じることもあるのです。

自分の希望を伝えることも大切

自分の考えが誰かに伝えられるほどまとまっていないことを理由に遺言やエンディングノートを書かない方の中には、「財産管理や承継についての自分の希望と家族の希望は違うのではないか。」と考える方もいらっしゃいます。

たしかに、遺言やエンディングノートの内容について、家族全員が賛成し、満足してくれるとは限りません。遺言があるが故に遺されたご家族で争いが起きてしまった事例も中にはあるでしょう。

それでも、ご自身の財産をどう活用していくか、誰に承継してどのように使ってもらいたいかの希望を伝えることはとても大切なことだと私どもは考えています。

家族信託・遺言とともに作るエンディングノート

家族信託・遺言とエンディングノートの大きな違いは、法的効力が発生するか、また書ける内容や形式が決まっているかということです。

家族信託・遺言は法的効力をもちますが、書ける内容はあくまでも財産に関することに制限されています。

また、民法や信託法等に定められた形式を満たしていないと、想定していた法的効力が発揮されず、時には予期していない形で関係当事者を法的に拘束してしまう可能性もあるため、作成には注意が必要です。

そのため、専門家と相談しながら作成するのが望ましいでしょう。

一方、エンディングノートは法的効力をもちませんが、内容も表現も自由ですし、何度でも書き直すことができます。また、法的効力をもたなくても想いを伝えることができます。

もしかしたら、エンディングノートの方が遺言や家族信託よりも強い場面もあるかもしれません。

家族信託・遺言かエンディングノートのどちらか、ではなくそれぞれの特徴を生かして内容を書き分けていくとよいでしょう。

さいごに

いかがでしょうか?

「希望や伝えたいメッセージはいろいろあるけど、家族信託・遺言・エンディングノート、それぞれどれに書けばいいの?」と悩まれる方もいらっしゃることと思います。

そんなときは、ぜひわたくしどもにご相談ください。

じっくりお話をお伺いし、作成のお手伝いをさせていただきます。

カテゴリー:家族信託

タグ:信託契約

この記事の監修者
浅沼 礼奈(あさぬま れいな)

司法書士
浅沼 礼奈(あさぬま れいな)

東京生まれ、新潟・鹿児島・千葉育ち 年間80件近くのご家族にお会いし、家族信託・相続・事業承継のご相談に対応。それぞれのご家族オリジナルの財産管理・承継の仕組みをお客様と一緒に考えます。

わたしたちについて ≫

完全版 大切な家族の未来を守る家族信託とは?家族信託の仕組みから専門家のアドバイスまで!家族信託を検討中の方向け。詳しくはこちら 完全版 大切な家族の未来を守る家族信託とは?家族信託の仕組みから専門家のアドバイスまで!家族信託を検討中の方向け。詳しくはこちら

ご相談は無料!
お気軽にお問い合わせください

よくあるご質問をまとめた「FAQ」もぜひご活用ください!

家族信託の専門家
メール

メールからの
お問い合わせ

お問い合わせ
友達追加

LINEからの
お問い合わせ

LINE スマート家族信託
公式LINE
電話

お電話での
お問い合わせ

call 0120-916-102

無料でご相談できます!

お気軽にご相談ください!

受付時間 10:00-19:00/土日祝も対応