【家族信託】受託者候補が一人しかいない場合

【家族信託】受託者候補が一人しかいない場合

最終更新日 公開日

家族信託を組成するご家族のなかでも、お子様が一人しかいない家庭が増えてます。

例えば90歳の親の面倒を65歳の長男(子がいない単身の方)が面倒を見ているような家庭の場合で考えてみましょう。

この場合、親と長男で家族信託を組成したとして、長男が先に死亡してしまうと、家族信託はどうなるのでしょうか?

また、家族信託中に子が親より先に認知症の進行等によって判断能力を喪失してしまった場合はどうなるのでしょうか?

今回の記事では、「受託者となる方がお一人しかいない場合の家族信託」についてご説明します。

受託者候補者が一人しかいない場合でも家族信託はできる?

先ほどの例のように、長男の他に受託者になることができる親族がいない場合でも、家族信託は可能です。

家族信託は、委託者と受託者との信託契約をすることでスタートします。

そして委託者と受託者が信託契約で信託の目的を定め、受託者がその目的を達成するために信託契約に定められた行為をすることが家族信託の目的であるため、委託者の親族の数は家族信託の成立その者には関係ありません。

受託者が死亡した場合に備えて何をしておくべきか?

では、この受託者である長男が親より先に死亡してしまい、かつ他の受託者候補がいないような場合に備えて、何か対策をしておくことはできるのでしょうか?

信託法上、受託者が死亡して直ちに終了するわけではありません。

受託者が欠け、かつ新たな受託者が就任しない状態が一年間継続したときに、信託は終了します(信託法163条3号)。

そうすると、一年間は受託者が存在しない状態で信託が継続されてしまうことになります。

それを回避し、委託者兼受益者である親に信託財産を戻すことができるよう、信託契約の中に「当初受託者(長男)が死亡したとき」を信託の終了事由として規定しておきます。

これにより、信託の清算手続へと移行し、清算受託者を選任することになります。

しかし、元々、受託者となる方が長男しかいなかったこの例では、清算受託者に選任できる方もほぼいない状況です。

その場合には、裁判所によって清算受託者を選任してもらえるよう、清算受託者の選任方法を信託契約に予め定めておきます。

これにより、清算受託者が不在となり信託の清算事務が滞ることを予防できることになります。

家族信託の他に活用すべき制度は?

さて、前述の例の長男のように受託者候補がお一人しかいないようなご家族の場合、家族信託の他に活用をしておくのが良い制度は他にあるのでしょうか?

前述のように、受託者である長男が受託者としての任務を全うできる状態でない(死亡、判断能力喪失等)場合、家族信託を終了してしまうことで、財産管理権限が親に戻ってしまうこととなります。

この財産管理権限を親に戻らないように別の対策をしておくためにも、任意後見制度を活用することをお勧めします。

任意後見制度とは、本人(親)が十分な判断能力を有する時に、予め任意後見人となる方や将来その方に委任する事務の内容を公正証書による契約で定めておき、本人の判断能力が不十分になった後、任意後見人が委任された事務を本人に代わって行う制度のことを言います。

前述のように、家族信託の終了を想定し、他方で任意後見契約も締結することで、家族信託が終了したとしても、任意後見人により財産管理を行うことができ、認知症の進む親への財産管理権限が戻ることを予防することができます。

では、この任意後見人の候補者に誰を設定しておくのが良いでしょうか?

というのも、前述の例では、長男の他に身寄りのないご家族であれば、任意後見人候補者も親族に期待はできません。

このような場合に、任意後見人候補として、司法書士や行政書士等の専門職が親と任意後見契約を締結して、家族信託後もフォローできる体制を整えておくことが肝要となります。

まとめ

今回は、受託者となる方がお一人しかいない場合の家族信託について、受託者が任務を終了する場合に備えてどのような対策ができるかをご説明いたしました。

家族信託に限らず、任意後見制度等の他の制度の活用や、司法書士等の専門職の協力も受けながら、万が一に備えて対策をしておくことをお勧めいたします。

カテゴリー:家族信託

タグ:受託者

この記事の監修者
新倉 由大(にいくら よしひろ)

司法書士
新倉 由大(にいくら よしひろ)

大阪出身/平成25年司法書士登録 お客様に安心を与え、信頼を戴けるよう、登記業務・法律業務を中心とした肌理の細かいサービスを提供を行っている。

わたしたちについて ≫

完全版 大切な家族の未来を守る家族信託とは?家族信託の仕組みから専門家のアドバイスまで!家族信託を検討中の方向け。詳しくはこちら 完全版 大切な家族の未来を守る家族信託とは?家族信託の仕組みから専門家のアドバイスまで!家族信託を検討中の方向け。詳しくはこちら

ご相談は無料!
お気軽にお問い合わせください

よくあるご質問をまとめた「FAQ」もぜひご活用ください!

家族信託の専門家
メール

メールからの
お問い合わせ

お問い合わせ
友達追加

LINEからの
お問い合わせ

LINE スマート家族信託
公式LINE
電話

お電話での
お問い合わせ

call 0120-916-102

無料でご相談できます!

お気軽にご相談ください!

受付時間 10:00-19:00/土日祝も対応